地域の課題を解決するための伴奏者

一般社団法人 コミュニティ フューチャーデザイン COMMUNITY FUTURE DESIGN

ABOUT CFD

CFDについて

CFD HOME > CFDについて > サポーターチーム

サポーターチーム

マーケティング、プロモーション、IT、地方財政・創生、CIなどの専門家の方々を、弊社のサポーターとしてご支援いただいています。 地方活性化にかかる講演、専門的見地からのご相談などを行います。 講演、調査などの費用などは、個別にご相談ください。

岩崎 明
アイキューブ・コンサルティング 代表岩崎 明 氏
日本IBMにて長年金融機関担当のSE、ソリューション担当、管理職を歴任。
郵政民営化時に、専務執行役員CIOとして新会社のシステムを担当。
その後、シスコシステムズ(専務執行役員SE部門担当)を経てセールスフォース・ドットコムにてCCO(チーフカスタマーオフィサー)としてクラウドビジネスを推進。 2015年退職後、複数社の顧問、アドバイザー、社外取締役として活動中。
岩崎 麻佐子
株式会社三陽商会 経営統括本部 企業コミュニケーション部長 元女性未来農業創造研究会 理事岩崎 麻佐子 氏
三陽商会の新規事業部を経て、花屋を経営。その傍ら輸入家電・靴・雑貨等のブランディングに関わる。
ケガを機に“花ならぬ野菜のブランディングを” という誘い文句がきっかけで食の業界に。
2011年日本サブウェイに入社、広報・CSR・ブランディングの責任者として“野菜の” サブウェイの認知に尽力。食育プランのメニュー策定、植物工場併設のブランド店舗立ち上げ、SNS活用の成功例としてCRMベストプラクティス賞受賞に導くなど多岐にわたった企画を実行。農水省農業女プロジェクトの参画、女性未来農業創造研究会の理事として、女性ならではの感性と行動力が、日本の文化・人・地球を感じ・考え・守り・創造し・発信していくことにつなげていきたいと思い活動。第1回大地の力コンペ実行委員会責任者。
2017年より再び三陽商会へ。企業価値向上全般に従事し、企業広報、インナーコミュニケーション、CSR推進委員会事務局を担う。ライフワークとしてエシカル推進協議会の活動に参加。
大井 潤
株式会社DeNA 常務執行役員大井 潤 氏
1995年3月 東京大学法学部卒業
1995年4月 自治省/現総務省入省(札幌市、長野県等の地方勤務、国では主に地方財政を担当)
2012年7月 総務省退官
2013年4月 医療法人勤務を経て、(株)ディー・エヌ・エー入社
現在 常務執行役員 CFO 兼 経営企画本部 本部長
【専門分野】
ヘルスケアとITとのコラボレーション、地方財政・創生
札幌市勤務時代には、都市再生プロジェクト、長野県勤務時代には、ZAGAT長野版に取り組みました。
小川 悠
一般社団法人i.club 代表理事小川 悠 氏
教育デザイナー・i.club 代表
横浜生まれ。東京大学工学系研究科修士課程修了。東日本大震災での復興支援活動や東京大学i.schoolなどでの体験をもとに、だれもが旗をたてられる社会を目指した教育プログラムを開発・提供するi.clubを2012年に創設。全国の中学・高校と連携し、10代へのイノベーション教育を推進する。⾼校生が考案した「なまり節ラー油」「酒粕ミルクスイーツ」など、教育プログラムから生まれたアイデアの商品開発のプロデュースも行う。
i.club:http://innovationclub.jp/
清家 裕二
こもねっと 事務局長清家 裕二 氏
筑波大学卒業後、ニチメン(株)(現在の双日(株))建設不動産部を経て、2003年郷里である宇和海郵便局長に就任。
地域活性化を目指し、企業組合こもねっとの立ち上げ、水産加工品販売事業、地域体感カフェの運営、高齢者見守り配食事業を推進中。
こもねっと:http://www.komo-net.com/
関 佳予子
マーケティングスペシャリスト関 佳予子 氏
東京生まれ。豪州大学在学中にマーケティングに関心を持ち専攻。出版社、化粧品メーカー等の商品開発・マーケティング職に従事。東日本大震災をきっかけに、中小企業支援に関わり始め、ベトナム進出を希望する日系中小企業をサポート。
これまでの経験から、日本は世界がまだ直面していない複雑な社会課題を抱える一方、希望に満ちた未来の可能性を備えていることを確信。
現在は、日本の地方にはマーケティング視点のボトムアップサポートが必要と信じ、地方産業支援を行っている。
CFDアソシエイト。

PAGE TOP